まずはお正月の意味や由来、お正月にまつわる子どもたちにとっての「なあに?」について解説していきます。

お正月は、1年間の幸せをもたらすためにやってくる、年神様(としがみさま)を家族みんなでお迎えする行事です。

年神様は健康をもたらし、子孫繫栄や五穀豊穣を授けてくれる神様だと言われています。

日本においてもっとも古い行事とされているお正月は、まだたくさんの謎があり由来については諸説あります。

一説によると6世紀半ばにはすでに存在しているとも言われ、農耕の神様とご先祖様への信仰が合わさって、家を守る神様が誕生したと考えられています。

昔の日本人が年の初めに年神様をお迎えしておもてなしをし、家の幸福と繁栄をいただこうとした行動が、お正月の由来とされています。

お正月とは、1年の1番初めの月のことを言います。

特に元旦から7日(地域によっては15日程度まで)の期間がお正月と認識されています。

お正月ならではの「あけましておめでとうございます」という言葉は、年の初めに神様が家に来るのは大変めでたいことだ、ということでそのような言葉になったと言われています。

クリスマスが終わり、年末に近づくと一気に見かけるお正月飾り。

お正月飾りの代表的なものは、門松・しめ縄・鏡餅ですね。

地域によっては別の飾り物を用意しますが、ここでは一般的に広く知られているお正月飾りの意味をみていきます。

珍しいものゆえ子どもたちからの質問が多いため、子どもに伝える際の分かりやすい説明の仕方もご紹介いたします。

門松は年神様が探しやすいように家の目印として置く、という意味がありました。

松は繫殖力が強く永遠性や生命力を感じることができるため、縁起がいい植物として選ばれたと言われています。

【子どもに説明する場合】

しめ縄は、結界を張って厄除けをするためのものという意味があります。

神様の世界と現世を隔てる境界の役割を果たしていて、お正月にしめ縄を飾ることで年神様が安心して現世に降臨できる神域を作り、お迎えするという意味で飾られています。

【子どもに説明する場合】

鏡餅は神様のお供えでもあり、神様が宿るものとしての意味もあります。

古くからお米には1粒1粒に神様が宿っていると信じられてきました。干支の絵を描いたり、手作りスタンプを押したり、絵を描いたりなど、表現方法は多様です。

滅多に会えない方やSNSを使用していない方へなど、こちらの近況を伝えたり知ったりする大事な手段でもあるため、年賀状はとても貴重なお正月の行事とも言えます。

年賀状は松の内までに届くように出しますが、松の内が過ぎてしまうようであれば、寒中見舞いとして出すのが一般的です。

お正月に迎え入れる年神様におもてなしの1つとして、お供え料理を作ったものがおせち料理です。

神様にお供えすると同時に一緒に食べることで、神様の恩恵を受けるとされてきました。

おせち料理の一つひとつには縁起があり、例えば福を重ねるという意味でお重に詰めるなど、いろいろな意味が込められています。

他にも日持ちする料理に仕上げることで、年神様を家事のバタバタに巻き込まない、台所の神様に正月くらいはゆっくり休んでもらいたい、という意味もあるとされています。

お正月という行事には、さまざまな由来があり願いが込められています。

お正月飾り1つとってもきちんとした意味があり、その意味を知ると背筋がシャンッと伸びる思いがします。

この思いをぜひ子どもたちにと一緒に分かち合ってくださいね。

そのために、お正月とは何か、子どもたちに一つ一つの意味を説明してあげてください。
 


【極美品】A.P.C. 3つ折り財布 ブラック 「新品」スケートボードデッキ ポーラー 8.125inch

Christian Dior クリスチャンディオール ハート ネックレスにてお役立ち情報更新中!【介護求人ラボ】