OUTIL(ウティ)PANTALON BLESLE /GRAY M-47
監修医
山崎まいこ先生
まいこホリスティックスキンクリニック 院長

高級品市場

もち肌は普段のスキンケアを丁寧に行うことによって、誰でも作ることができます。必要なことは自分の肌質を知ることと、正しいスキンケアを行うことです。もち肌は生まれつきとお考えの人も多いかもしれません。しかし、生まれた時からもち肌の人も誤ったスキンケアをしていると、肌触りの良い肌を維持することはできません。 もち肌は肌が総合的に健康である必要があります。そのためには生まれ持った肌にぴったりのスキンケアを丁寧に行うことが不可欠です。

肌に凸凹を作ってしまう原因としては、毛穴の開きやシワ、ニキビ、ニキビ痕が挙げられます。毛穴の開きは皮脂の過剰分泌や肌の摩擦ダメージによって起こってしまいます。・一回に使う洗顔料やクレンジング剤の量が少ない
・泡立てる洗顔料を十分に泡立てていない
・1分以上かけて肌を洗っている
・洗うときに肌を強く擦っている
・熱いお湯で洗っている
・シャワーを直接顔に当てて流している
・すすぎ残しがある
・洗ったあとにタオルでゴシゴシ拭いている
以上のスキンケアは肌に負担をかけてしまう可能性があります。 水分を拭き取るときも、もちろん摩擦は厳禁です。タオルに水分を染み込ませるように、優しく押し当てて拭き取りましょう。

毎日のスキンケアに加えて、週に一度のスペシャルケアを行うことがおすすめです。美容成分がたっぷり含まれたフェイシャルパックはお肌を元気にしてくれるでしょう。

もち肌を作るためには、睡眠の量も質も大切です。寝る環境や寝る前のタイムスケジュールを整えて、肌に良い睡眠をしっかりとるようにしましょう。

もち肌のためには外側のスキンケアだけでなく、内側から働くインナーケアも必要になってきます。 ビタミンBは、肌の新陳代謝を整えるために必要な栄養素です。ビタミンCは、シミを予防し、コラーゲンの生成も助けてくれます。「 リコー オートマットカレンダー30 問題なく稼働していますが少しだけ残念…